趣味のアマチュア無線を中心に日常ネタも少し -- by JE5JHZ  
〜空耳送信所〜  
 

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18
19
20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

◇アマチュア無線局 JE5JHZ◇

(es.VK2IBS/ex.JA5YXR,JH5YSD,JR6YAH)
常置場所:愛媛県伊予郡松前町
資格:第一級アマチュア無線技士
性別:♂ 年齢:とうとう40代に突入(^^:

ムセンに興味のないXYLと子供2人の4人暮らし。
むろん、休みの日に大手を振っての無線などはもってのほか(涙)。
家人の目をかいくぐるように、平日の深夜と休日の早朝を中心にコソコソとオン・エア。
目下、DXのまねごとに興じておりますが、Condxの良い朝夕のゴールデンタイムにQRVできず、ストレスがたまる一方(^^;。
Blogと並行してHomePageもやってます↓。
http://rst599.starfree.jp/

最近の記事
変更申請が下りた…:-)

私家版Clusterを移転

1.9MHz帯へ…(^o-)/

新兵器を御開帳(^^;

12/1…本日の朝刊

新兵器が到着(^^*

2018 CQWW CWコンテスト

FT8…始めました*^v^*

[Sound] TA7/OE1ZKC - 7MHz CW

[Sound] HR9/LZ5VV - 7MHz CW

開局記念日〜♪

過去ログ
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 6月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 2月
2008年 1月

Blogリンク集

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村  

>
変更申請が下りた…:-)
先日カキコしました、新しいリニアアンプを導入した件。

昨日、漸く四国総通にて変更申請が決済になりました(^^)。

henkou201812

"総務省電子申請・届出Lite"で申請したのが、11月16日ですから1ヶ月余り要した事になります。

もちろん、電波形式等の指定事項に変更はないので、免許状の記載事項は従前と変わりなし。

ぶっちゃけたところ、ほとんど自己満足で申請しているようなもんですわ(^^;;;。

天下の総通様におかれましては(Hi)、ここらでホント真剣に考えるべきではないですかね?。

お互いに無用な手間を増やすだけなんで、指定事項に変更がないならば、リグや附属装置の増設交換は原則自由にしませんか。
新スプリアス基準も施行されたことですしねぇ。。。

今更ではありますが、諸外国と比較しても、こんなシチめんどくさい手続きを踏まなければならないのは、日本だけです。

免許内容と実際の設備が合致している局が、現実的にどれだけいるかということを考えても(私自身のつたない実体験においても、そのような局は半数に満たないのではと思う(^^;;;)、昔ならいざ知らず、現代において役所が個人の設備内容を把握しておくことに、特段の意味がないのは明らかでしょう。

実害の恐れが少ない行為については、ドンドン規制緩和して、手続きの簡素化を進めて欲しいものです。

by JE5JHZ ¦ 12:06, Wednesday, Dec 19, 2018 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0) ¦ トラックバック(0)


私家版Clusterを移転
拙HomePageにてリンクしております「私家版Cluster」ですが、この度場所を移転しました。

ファイルを置いている"Yahoo!ジオシティーズ"が、来年3月末でサービスを完全終了することに伴う措置です。

ご利用いただいております奇特な方(笑)がおられましたら、以下の新アドレスに、リンク先URLの変更をお願い致します_(^^)_。

◇国内QSO用
http://rst599.starfree.jp/cluster/ja/cluster-ja.htm

◇DX QSO用
http://rst599.starfree.jp/cluster/dx/cluster-dx.htm

by JE5JHZ ¦ 00:20, Tuesday, Dec 18, 2018 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0) ¦ トラックバック(0)


1.9MHz帯へ…(^o-)/
160mBANDでのDXingは、通常1.8MHz帯で行います。

しかしながら、最近流行りのFT8モード等では、JAのバンドプランによれば、1.8MHz帯では送信できません。

したがって、FT8モードでのDX-QSOは、1.9MHzで送信、QSXが1.8MHzのスプリット運用になります。

そこで気になるのは、皆さん、1.8<->1.9MHzの切り替えはどのようにされているのでしょうか?。
たかだか100kHzの違いではありますが、アンテナチューナでお茶濁し整合できる範囲を越えている方も多いのではないでしょうか。

ちなみに、ウチの160mBANDのアンテナは3.5MHzのフルサイズ逆Vに自作のトラップコイルをかましたものです。
もちろんご他聞にもれず、そのままでは1.8〜1.9MHz全域をカバーできる帯域はありません。

コレの対処法として、片側のエレメント端をギボシ端子で簡単に着脱できるようにしてあります。
この端子をオープンにすれば1.9MHz帯に同調するような仕掛けです。

1r8to1r9_1

1r8to1r9_2

私は、DX一辺倒ではなく、国内QSOも普通にやりますので、この仕掛けがないと楽しめません。

古典的な方法ですが、簡単確実。

作業もエレメントを引っ張っているクレモナロープをゆるめて、手の届く位置までエレメントを下げて、キボシ端子を着脱するだけなので、所要2・3分もあればQSYが完了します(*^_^*v。

今朝方、ギボシ端子をオープンにして、1.9MHzに対応させてきました。
今シーズンは、160mBANDでもFT8がにぎやかなようですので、ぼちぼちワッチだけでも始めてみようと思います(^^*。

by JE5JHZ ¦ 16:01, Sunday, Dec 16, 2018 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0) ¦ トラックバック(0)


新兵器を御開帳(^^;
先日届いた"新兵器"

このところのQRLLLで時間と心の余裕がなく、しばらくそのままだったのですが、昨晩、遅まきながらようやく開封しました。

"ブツ"の正体は、AZDENのリニアンプ「AZR-550FZ」でした。

azr550fz_1

…実は、去る10月中旬頃ですが、現用のリニアアンプ(東京ハイパワー HL-1KFX)が、何の前触れもなく突然パワーが出なくなってしまいました。
(先般のVP6Dにキアイが乗らなかったのもコレが原因でしたHi。)

ご存じのとおり、東京ハイパワー社はすでに倒産していますから、修理依頼等のメンテナンスがききません。

他にサードパーティーで修理を請け負っている会社もありますが、概ね技術料だけで20〜30k円/日もするようで、これに部品代やら送料やら加算すると結構な金額になりそうです。

となると、残る方法としては、自力でコツコツ修理するしかありません(できるかどうかは別にして)。

差し当たって、リニアの筐体を開けて、内部の清掃とヒューズ等の断線・ケミコン劣化等の目視チェックをしたのですが、さして異常があるようには見えませんでした。
どうも、自力修理もスグの事にはならなさそうです(ToT)。

…しかもタイミングの悪い事に、年末には3Y0Iのブーベ島が出る/出ないで、騒いでいた時期。
ブーベ島は私にとってはATNO。この勝負所にリニアがないとオハナシになりません。

そんなこんなで仕方なく、意を決して新しいリニアの導入を検討するすることにしました。

新しいリニアは、修理やメンテナンス性を考慮すればやっぱり国産がいい。

また、私の局免の最高出力は500Wなので、あまりパワーが出過ぎるアンプでは問題です(A^v^;。
"いつでもシャックの臨検OK!"をモットーにしている(笑)私としましては、高出力リニアが鎮座しているので、シャックを他人に見せられないなんて愚は犯したくないですし(^-^;;;;。

というわけで、そうなるとあまり選択肢はなくAZDENのこのリニアで即決だったのでした(^^*。

面構えやスペックでもお気づきのとおり、このリニア、以前、東京ハイパワーから発売されていた「HL-550FX」の焼き直し品でもあるので、それなりに実績がある事も決め手でした。

早速、11月16日に近所のハムショップ経由で発注。

注文と同時に四国総通へリニアの増設申請を出しているのですが、これをカキコしている現在まだ決済になっていません。

昨晩は、開封してシャックにセットアップ。
夜も遅かったので、ダミーを繋いでALCの調整だけして終了でした。

↓下が従前使用のHL-1KFXリニアアンプ。横幅はほぼ同じ。
azr550fz_2

もう間もなく、変更申請も許可になるハズ。
兎にも角にも、心配していた3Y0Iには何とか間に合いそうです、ヨカッタ:-)。

by JE5JHZ ¦ 12:05, Thursday, Dec 06, 2018 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0) ¦ トラックバック(0)


12/1…本日の朝刊
…寝ぼけ眼でおもむろに新聞を開くと、アゼルバイジャンから新局のQRVを告げる記事があったので、思わず目を疑った(*゜∀゜;。

np20181201_1

数秒後、やはり自分はビョーキだと再認識した次第(^^;;;;;;;;。

ちなみに次頁にはこんな記事もありました↓。

np20181201_2

たまに、このようなHAM関係の新聞記事をみるにつけ、いつも思うのですけど、
この何ともいえないギコチナイ文体、何とかならんのかなぁ、と(*´Д`)=з。

アマチュア無線のことなどおそらくほとんど知らない記者さんが、オッカナビックリで書いている様子が手に取るようにわかるので、ある意味笑えますHiHi。

by JE5JHZ ¦ 21:29, Saturday, Dec 01, 2018 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0) ¦ トラックバック(0)


新兵器が到着(^^*
昨晩、仕事から帰宅したら、かねてより注文していた"ブツ"が2重箱に梱包されて届いていました。

butsu2

こちらのメーカーの製品を使用するのは、私自身初めてになります。

まわりにも使っている人もいないようなので、ひょっとして愛媛県1号機かも?!。

我が家の財務大臣兼公安委員長(^^;;;;;との予算折衝が難航を極めましたが、とにもかくにも、何とか間に合って良かった(謎)。

by JE5JHZ ¦ 07:07, Thursday, Nov 29, 2018 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0) ¦ トラックバック(0)


2018 CQWW CWコンテスト
2018wwcwscr1

2018wwcwscr2

昨週末は表題のコンテストが開催されました。

私は、11/24土曜日は仕事だったので、土曜日の晩と日曜日の朝晩に、ちょろっと冷やかし参加しました。

全てS&Pで、クラスタもバリバリ見ていたので、アシステッド部門です。
(コンテストログの表示に不具合があり、ランできなかった。)

●3.5MHz

基本、近場を援助交信しておしまいでした。

C6AGU・HH2AA・VP5Mらががほんの数分だけ聴こえましたが、呼んでも応答があるようなレベルではなかった。

ZF9CWは、Sメータを振らして入感。相変わらず強かった!!。
この局は今年2月にQSO済みだったのでワッチのみ。

ビッグガンのPJ2Tとかろうじてナンバー交換ができた。
恥ずかしながら80mで2局目のカリブ海でした(^^ヾ。

*目ぼしい成果:EA8・ PJ2

●7MHz

はからずも、今回、一番のメインバンド。
普段はなかなか手が届かないカリブ海方面が、予想外にFBでした。

たいがいはほとんど聴こえないのですが、フッとCondxが上がってきたスキに呼ぶと意外に応答がありました。

*目ぼしい成果:
カリブ方面:CO・FY・KP2・PJ2・PJ4・CO・VP5・V4・ZF・6Y
アフリカ方面:CN・CT3・D4・EA8・EA9・6W

●14MHz

昨朝7時にワッチだけしたところ、カリブが弱いながらも入感。

8時過ぎに7MHzからQSY、さあこれからという時に、どういうワケかCondxがガタッと急下降。
Wの西海岸ですら弱くなってしまったのでガックリ(--;。
そのまま夕方までQRTでした。。。

●21MHz

SSNのドン底では流石に使い物にならない感じ。
近場を援助交信しておしまいでした。

by JE5JHZ ¦ 12:58, Monday, Nov 26, 2018 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0) ¦ トラックバック(0)


FT8…始めました*^v^*
wsjt_x

こんなこと書くと、さんざんdisっていたくせにε=ε=ε=(怒゜Д゜)ノ と、罵声が飛んできそうですが(爆笑)。

先日カキコした、こちらこちらの記事は、無論すべてFT8へQRVするための準備だったのでした(+^o^;;;;。


きっかけ

重い腰を上げることになった最初のきっかけは、今年夏場の50MHz DX。

メインストリートであるはずのCWバンドは、水を打ったように静まり返っており、お客さんが誰もいません。
バンドがおそらくOPENしているのにも関わらず、です。

一方でFT8のスポット周波数を聞いてみると、にぎやかにピーヒャラ言ってる。
感覚的には、DX局のおそらく9割以上がFT8に流れているように感じられました。

…そして決定的だったのが、先日の、9X0Y・KH1/KH7ZのDXペディション。

9X0YはFT8の為の専用コールサインですし、KH1/KH7Zに至っては、全約69kQSOに占めるFT8の割合が約17kQSO、と全体の内1/4も占めるほどになっていました。

対し、RTTYは僅か931QSOに留まっています。
なんと全体のタッタ1.4%に過ぎません。

これにはさすがの私も、空いた口が塞がりませんでした。

ちなみに、近々予定されている3Y0IのDXペディションでも、公式HPに記載があるのはFT8のバンドプランのみで、RTTYなんかは全く眼中にないような感じですHi。

…とにもかくにも当たり前ですが、"相手がいない"ことにはQSOできません(苦笑)。
これがFT8を始めようと思った大きなきっかけです。


ソフトウェア

本家K1JT作の「WSJT-X」を使用しています。

方や、WSJT-Xと双璧をなしているソフトに「JTDX」があり、使い勝手はJTDXのほうが良いとの声もありますが、両ソフト共デコード能力自体にはほとんど差がないようですので、要は慣れと好みの問題のようです。

私がWSJT-Xを選択した理由としては、FT8というモード自体が、今も改良が現在進行形であることを考慮すれば、"とりあえず本家のWSJT-Xを使っておけば間違いないのではないか"との判断によるものです。


インターフェース

私のメインリグはKENWOOD TS-590ですが、これにはサウンドデバイスが内臓されているので、所謂「USBケーブル1本でAFSK系のデジタルモード運用が可能」な機種です。

しかしあえて、私は、PC内臓のサウンドデバイスを使用しています。

…というのも、以前こちらの記事でカキコしたとおり、私のPCには、S/Nの良い音楽用サウンドカード(Sound Blaster 5.1VX)を実装している為で、PCの内部雑音の影響さえなければ、RIG内臓のサウンドデバイスと性能は大差ないと思ったからです。

実際、今の所-24dB近辺の弱〜い信号もそれなりにデコードできてますので、暫くこれで様子を見る予定です。


FT8の凄いところ(#゜Д゜)

…なんと言っても、信号の強弱によらず、とにかく相手に自分のデンパが届いていさえすれば、QSOできる可能性があるという事でしょう。

CW・SSB等のクラシックモードで言えることですが、おそらく自局の信号が相手に届いてはいるのですが、パイルアップやQRMにかき消されて、気づいてもらえずQSOに至らなかった…というようなことはごくごく当たり前にあります。

運良く1発目のCQを見つけて、ここぞとばかりにコールするも取ってもらえず、QRZ?を出された挙句、気づいた他局に持って行かれてTHE-END、なんていうケースも、私のような水鉄砲級の設備ではしょっちゅうあります。

こんなとき、FT8ならば、QSOの可能性が飛躍的に高まると言えます。

上記のとおり、相手に自分の信号が届いていることが前提にはなりますが、大げさに言えば、ビッグガンだろうが水鉄砲だろうが対等に渡り合えるということです。

これは、ある意味画期的だろうと思います。


DXペディションモード

FT8-DXペディションモードが、実戦でに本格的に使われたのは、今年6月に実施されたKH1/KH7ZのDXペディションが最初だと思います。

この時も"間違えるなよ""忘れるなよ"と各所でワーワー騒がれていましたので、余程、小難しい設定と運用技術がいるものと思っていましたが、実際にはそうではなかったです。

要は、他局に迷惑になるので、相手がDXペディションモードでQRVしているところに、勘違いしてノーマルモードで呼ぶなよ、という注意喚起ですね。

私自身、今の所よく理解できていない点としては、ご本尊がDXペディションモードなのかノーマルモードなのかをどのように見分ければ良いのかという事です。

大規模なDXペディションの場合は、事前にDXペディションモードで運用を行う旨や、その周波数等のアナウンスがあるので判るのですが、そうでない場合は、どうすればいいのでしょうか?。


その他気づいたこと

呼び出しはスプリットで行うことが基本。

WSJT-Xのユーザーズガイドには、あまりスプリット運用の事について触れられていません。
当初は、上記ガイドに記載されているQSOの仕方にならって、何も考えずにオンフレでコールしていましたが、応答率が芳しくありませんでした。

FT8は、約3kHzUP位までの広帯域をデコードする為、オンフレでコールすることに特段意味がないのは、考えてみれば当たり前の事。
ウォーターフォールを参考にして、できるだけクリアな周波数で呼ぶのが良いようです。

応答率は期待したほどではなかった(苦笑)。

RTTY等と違って、なまじっか聴こえている局は全て文字化けなくデコードされてしまう為、見ている局はすべてQSOできると錯覚してしまいがちだからでしょうHi。

QRP向きのモード

…というふれこみだったので、100WのベアフットでストレスなくじゃんじゃかQSOできるのかといえばそうでもない。
結局、相手に自局の信号が届いていないとQSOできないという原則は一緒。
裏返せば、パワーが要る時は要るってことでしょう。

とは言え、私の手持ちのリニアは、500W出るか出ないかの代物でしてHi、余裕も全くありません。
そんなヤツに15秒も連続でキャリアぶち込むのは怖いので(^^:、今のところベアフットのまんまです。

意外とレポート送信のリトライが多い。

15秒シーケンスで送受信するので、Condxの乱高下やQRM・QRNが多い状況だと、エラーになるのは当たり前か。

QRNのスキ間やQSBの一瞬の浮きをついてのQSOなんかはは、やっぱりCWに分があるかもしれませんね?。

ワッチの潮時の判別が難しい。

CWやSSBでは、ご本尊の信号を直に聞いて、「Condxが落ちてきたな」とか「パワーで押してきている聴こえ方なんで呼ぶだけ無駄だな」とか、いろいろ判断ができます。

一方、FT8では画面に何dBって出るだけなので、そのあたりの感覚的判断が難しいです。
結果、QSOの可能性は低いにもかかわらず、ダラダラと呼んでしまうケースもありそうです。

DigitalDXCC

RTTY等とひっくるめて「DigitalDXCC」として扱われてしまうのは、やっぱり違和感がありますね。

PCのソフトウェアを介してするのは同じですが、FT8はエラー訂正もある自動QSO、かたやRTTYは無手順の文字化け化けの中でやりますから、素性は明らかに違います。

今更ではありますが、できればDigitalDXCCにRTTY特記とかのオプションを設けてくれると有難いのですが、無理だろうな…。

複合コールサイン

昨晩も、3.5MHzでVE3FFが大パイルになっているので、単なるカナダに何事かと思いました。
しばらくして「CQ 9Y4/VE3FF」とデコードされてきて納得。

ソフトの仕様とはいえ、何とかなりませんかね…。


消極的要件

技術的興味や探究の側面は横へ置いておくとして。。。

上にもチラリと書きましたが、FT8等のJTモード系は、ほぼ全てPC任せの自動QSOです…。

しかもほとんど定型文による短文送信なので、私もそうですが、CWやSSBのクラシックモードではラバースタンプQSOすらおぼつかない者・外国語に不慣れな者でも、堂々とCQを出したりすることもできます。

いままでやってた「599 BK」「59 QSL?」とどこに違いがあるんだ!と言われれば、それもそうなんですがね〜(^^;。

DXCC一本槍で「とにかく何でもいいからQSOできさえすればいいんだ」という方も多いかと思いますが、私の場合、DXはもとより、国内QSO・ローカルラグチュー・移動運用等、多元的にハムライフ楽しむスタイルなので、CWやSSBのクラシックモードの運用スキルも忘れずに磨いていきたいと思います。


とはいいつつも…

実際、FT8をやってみると、物珍しさもあってか、今のところ案外楽しいです(°O゜)☆\(^^; バキ

by JE5JHZ ¦ 19:07, Saturday, Nov 24, 2018 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0) ¦ トラックバック(0)


[Sound] TA7/OE1ZKC - 7MHz CW
○TA7/OE1ZKC (トルコ共和国
○2018-Nov-23 22:33JST 7MHz CW



by JE5JHZ ¦ 23:45, Friday, Nov 23, 2018 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0) ¦ トラックバック(0)


[Sound] HR9/LZ5VV - 7MHz CW
○HR9/LZ5VV (ホンジュラス共和国
○2018-Nov-23 22:00JST 7MHz CW



by JE5JHZ ¦ 23:43, Friday, Nov 23, 2018 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0) ¦ トラックバック(0)


開局記念日〜♪
本日11月11日は、当局の"開局記念日"であります(*~_~v。
(通称4エレ八木の日…Hi。)

今日は日曜日で休日だったのですが、日中は、私的にいろいろあってクタクタだったりしたこともあって、危うく忘れるトコでした(^^;;;。

なにはともあれ明日から32年目に突入(^_-)//~~~。
相変わらず飽きもせずやっております(苦笑)。

皆さま、今後ともお手柔らかにお願い致します_(^^)_。

by JE5JHZ ¦ 23:55, Sunday, Nov 11, 2018 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0) ¦ トラックバック(0)


[Sound] ZD9CW - 7MHz CW
○ZD9CW (トリスタンダクーニャ島
○2018-Oct-21 15:21JST 7MHz CW




by JE5JHZ ¦ 23:55, Wednesday, Nov 07, 2018 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0) ¦ トラックバック(0)


 


ログイン
保存

最近のコメント
JE5JHZ on 第18回西日本DXer'sミーティング

JE5JHZ on 福井県を巡ってきました:-D

JE5JHZ on SSOP 0.65mmピッチICのハンダ付け ..

JH5OTE@清水 on 第18回西日本DXer'sミーティング

JH9AUB on 福井県を巡ってきました:-D

JK6SEW on SSOP 0.65mmピッチICのハンダ付け ..

JE5JHZ on SSOP 0.65mmピッチICのハンダ付け ..

JK6SEW on SSOP 0.65mmピッチICのハンダ付け ..

JE5JHZ on ケーブルガイド2号機

je1βmj on ケーブルガイド2号機

JE5JHZ on @PAGESが終了だそうです…

最近のトラックバック

携帯で読む
   URLを携帯に送る


本日   192
昨日   177
累計   178331

ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。



QRZ.comダイレクト検索

Clublogダイレクト検索
DX Callsign:
Your Callsign:


Powered by Google

JE5JHZ LogSearch

Powered by CGI RESCUE